悪玉コレステロールを減少させるにんにく

コレステロールに善も悪もない

あなたも、これまでに何度か、善玉コレステロール、悪玉コレステロールって言葉を聞いたことがあると思います。

2015-11-20_11h57_16実は、『善』も『悪』もないんだけど、どっかの白い服を着た偉そうなおじさんがこんな名前をつけちゃったから、勘違いしやすいところなんだよね。

じゃぁ、そもそも善玉コレステロールとか、悪玉コレステロールってなんなの?っていうところから話していくね。

まず、肝臓さんで作られた栄養成分(コレステロールもそうだよ)は、血液によって、おっちゃんちの体の隅々まで届けられるんだけど、コレステロールは脂質だから、そのままだとうまく流れないんだよね。

どういうことかというと、コレステロールは脂質、つまりは油分ってこと、それに対して血液は水分だね。

つまり、水と油の関係さ、うまく混ざり合わないんだ。

そこで肝臓さんは、この油分であるコレステロールをタンパク質で包んだ物質をつくって、うまく血液中でも移動できるようにしているんだよ。

hakusyu肝臓さんってすごいね~。「肝臓さんに拍手と、感謝の言葉を~。」

栄養成分を体中に運んでくれているのが悪玉?

っと、話をもどして、肝臓さんから出て行く時の脂質をたっぷり含んでいる状態のコレステロールのことを悪玉コレステロールって言っているんだ。

体中に栄養を運んでくれているんだよ、どこが『悪』なんだ、って思うね。

だからおっちゃんは、このコレステロールのことを『あっくん』って呼んでいるんだ。

栄養を運び終わって、肝臓に帰るコレステロールが善玉

じゃぁ、善玉コレステロールってどんなコレステロール?・・・だよね。

善玉コレステロールっていうのは、あっくんが体全身に運んだあとに肝臓さんへ帰るときの脂質が少ない状態のコレステロールのことなんだ。

こっちを、おっちゃんは『善吉(ぜんきち)くん』って呼んでるよ。

2015-11-22_21h28_40あっくんも善吉くんも、ちゃんと仕事をしてくれているんだ。

栄養成分が多すぎると善玉がそうじをしてくれる

ただね、あっくんが大勢いすぎるとね、血管の中に荷物(脂質)を置いていっちゃうことがあるんだよ。

でもね、そんな時は善吉くんの出番さ。

 

あっくんの忘れ物を拾って帰って来てくれるんだ、だから、善玉コレステロールって呼ばれるようになったんだよ。

悪玉コレステロールが多すぎると血管が詰まる原因になる

kekkan_kessenでもどうしても、拾いきれないこともあるんだよね。

そうすると血管が詰まり始めてきちゃって、最終的には、脳梗塞や心筋梗塞になる原因になっちゃうんだ。

だから、どっかの誰かが、あっくんのことを『悪玉コレステロール』なんてアダ名をつけちゃったんだよね。

どうかな?なんとなくわかってくれたかな?あっくんと善吉くん。

悪玉コレステロールが多くなる原因は食べ過ぎ

でね、じゃぁなんで、あっくんが大勢になってきちゃうの?ってとこなんだけど、よく、コレステロールをたくさん含んでいる食べ物(卵など)を食べ過ぎると良くないよって言うんだけどね、そういう食べ物を食べてあっくんの数値が上がるっていうのは、だいたい20~30%くらいしか影響していないんだ。

実はね、コレステロールをたくさん含む食べ物を食べすぎても、体が勝手に調整して、あっくんの人数が増えすぎないようにしてくれているんだ。

じゃぁ、他の70~80%の原因は?ってところなんだけど、それは、食べ過ぎ。

syokuji_tabesugi_manコレステロールをたくさん含んでいる食べ物ってことじゃなくて、ただ単純に栄養のとりすぎさ。

「お~、おっちゃんの耳には痛い話だ~。」

食べ過ぎた時に、栄養って使い切れなくて体に残っちゃうよね。

それで、残った栄養分でコレステロールをヨイショヨイショって作っちゃうんだ。

そう、あっくんの誕生さ。

他にもお酒やタバコ、あと、ストレスなんかもあっくんが増える原因なんだよ、気をつけようね。

にんにくは悪玉コレステロールを抑えてくれる

そこで、増えすぎたあっくんをなんとか減らしたいって考えるよね。

ninnikuはい、出番です、『ジャーン!にんにく』。

にんにくはね、コレステロールの合成を抑えて、あっくんを減らしてくれる作用があるんだ。

うさぎの実験で、にんにくによりコレステロールの濃度が下がった

こんな実験をした人がいたよ。

ウサギさんにコレステロールがたっぷり入ったエサを与えてコレステロールの血中濃度を高くしてから、にんにくを与えたんだって。

そしたらね、コレステロールの濃度が下がって、それだけじゃなくて、血管の状態まで改善されたんだって。

ラットの実験では、にんにくを一緒に食べることでコレステロール値があまり上がらなかった

他にもね、ラット(大型のネズミさん)さんにコレステロールをたっぷり含む食べ物と一緒ににんにくを与えたら、コレステロールの数値がちょ~っと上がっただけだったんだって。

コレステロール値が高い人でも同じような効果が確認できた

で、動物ばっかりじゃなくて、おっちゃんち人間はどうなのよ、って思ったら、ちゃんと報告があったよ。

すでにコレステロール値が高い人ににんにくを2ヶ月間食べ続けてもらったら、数値が3分の2まで減少していたんだって。

しかも、その後にんにくを食べるのをやめたら、数値が元に戻っちゃったんだって。

にんにくは、コレステロールなどの脂肪を燃焼、更に、コレステロールの合成も抑えてくれる

にんにくはね、食べるとコレステロールなんかの脂肪を燃焼させてくれるんだけど、それだけじゃなくてね、肝臓さんの中でコレステロールが作られるのも抑えてくれちゃうんだ。

まさに、ダブルパンチで体内のコレステロールが増えすぎるのを抑えてくれているんだね。

コレステロール値を下げるのに、簡単なにんにくの摂取方法は、きざんだり、つぶしたりしたにんにくを、オリーブオイルでじっくり炒めて、料理に使えばいいよ。

お酒が好きな人は、作りおきが必要だけど、にんにくの焼酎漬けもいいね。(たくさん飲まなくていいよ。)

やっぱり、大切なのは続けることだからね。

「今日のご飯は、大根のハチミツにんにくサラダにアホエンオイルをかけて食べようよ。ねぇ、プリチーワイフっ。」

「一晩寝ても疲れが取れない」って感じている人や、「今以上に、仕事や趣味を楽しみたい」って思っている人には、にんにくや黒にんにくがおすすめだよ。にんにくや黒にんにくには、健康に最適な栄養分や元気モリモリ成分がたくさん入っているからね。

それでも、にんにくや黒にんにくを毎日食べるのはちょっと大変かな? でも大丈夫! 毎日食べるのが大変な人には、サプリメントっていう手があるね。

で、にんにく大好きにんにくマニアのおっちゃんが、にんにくのサプリメントを実際に取り寄せて飲んでみたんだ。ちゃんと毎日飲んで、1ヶ月間続けてみて、本当に実感できたサプリメントを紹介しているよ。さらに、成分や飲みやすさ、飲んだ後の口臭もチェーーーック! ってわけさ。あなたにぴったりのにんにくが見つかるといいな。

おっちゃんのおすすめサプリメント