種にんにくの選び方

2015-11-13_12h00_01

種にんにく購入はお早めに

さて、にんにくを栽培するときには、にんにくの元になる種にんにくが必要だね。

当たり前なんだけど、これがないと栽培できないね。

ここであなたも、気をつけて欲しいんだけど、植え付け時期ギリギリに購入する人がけっこう多いんだ。

実は、にんにくの栽培は、けっこう人気があって購入しようと思ったら、もう今年は売り切れてた、なんてこともあるから気をつけてね。

有名農家さんだと、予約でいっぱいで、なかなか欲しい物が手に入らないかもしれないよ。

だから、種にんにくは早めに手元に置いておく事をおすすめするよ。

良い種にんにくとは

さて、じゃぁどんな種にんにくを選んだらいいか、なんだけど、植え付けていく時は、にんにくの球をバラして、バラした1つ1つを植えていくから、まずは、大きくてキズがないしっかりとした球を選ぶといいね。

虫にやられていないことも大切だよ。

植える前の準備

それから、バラす時も注意が必要なんだ。

無神経に適当にバラバラにするんじゃなくて、1つ1つ丁寧に、腐っている部分はないか、虫に食べられている部分はないか良く確かめながら、バラしていってね。

もし、キズがあったら、そこから、カビが生えたり腐っていったり、または、害虫被害の元になるかもしれないから、そのようなものがあったら、種にしないほうがいいよ。

汚れが取れないようなものもやめようね。

こうしておくとあとが楽だよ

それから、種にんにくを選んだら、大きさに寄って、大・中・小に分けておくといいよ。

だって、そうして分けておいて、大きい物は大きい物同士で植え付ければ、育っていった時に成長スピードも同じになるから、例えば、とう摘みするときとか、追肥をするときの分量もそれぞれでできて、都合がいいよね。

そうだ、あんまり小さいものは、種にしないで、食用にして食べちゃったほうがいいよ。

種にんにくは、大きいほど良く栄養も吸収するし、収穫量も多くなるから、なるべく大きい物を選ぼうね。

だいたい、寒地型の品種だったら7g以上暖地型の品種だったら5g以上が目安だよ。

不良の原因

そうだ、大切なことを言い忘れてた。

日本全土で、ほぼ栽培方法はあんまり変わんないんだけど、失敗しやすい原因として、覚えておいてほしいことがあるんだ。

それはね、寒地型の品種を温暖地で栽培したり、その逆に暖地型の品種を寒冷地で栽培すると不良の原因になっちゃうよ。

絶対ダメってことじゃないけど、寒いところなら、寒いところにあったにんにく種、暖かいところだったら、暖かいところにあったにんにく種を植えようね。

それから、土壌に関することもちょっと頭に入れておいてね。

「一晩寝ても疲れが取れない」って感じている人や、「今以上に、仕事や趣味を楽しみたい」って思っている人には、にんにくや黒にんにくがおすすめだよ。にんにくや黒にんにくには、疲労回復作用や免疫力をアップする作用があるからね。

にんにくや黒にんにくを毎日食べていれば、週末が近くなっても朝スッキリ起きられたり、趣味を思いっきり楽しんだりできるようになると思うよ。あなたが毎日笑顔で過ごせるようになって、さらにご家族さまも幸せになっていくね。

でも、毎日にんにくや黒にんにくを食べるのはちょっと大変かな? でも大丈夫! 毎日食べるのが大変な人には、サプリメントっていう手があるね。

で、にんにく大好きにんにくマニアのおっちゃんが、にんにくのサプリメントを実際に取り寄せて飲んでみたんだ。成分や飲みやすさ、飲んだ後の口臭もチェーーーック! ってわけさ。あなたにぴったりのにんにくが見つかるかな。

おっちゃんのおすすめサプリメントベスト3