にんにくといえば、疲労予防と回復の効果

元気を出したい時に食べたい食べ物第1位はにんにく

「食べたら元気が出そうなものって何を思い浮かべる?」って聞かれたら、あなたなら何て答えますか?

ninnikuおっちゃんは、「はーい!それはほうれん草でーす。」っとは言わないで、「にんにくでーす。」って答えるね。

これは、アンケートでもにんにくが1番って解答をもらっているんだって。

子供の頃に、テレビの漫画で《ポパイ》っていうのを見ていたから、ほうれん草を食べると元気モリモリになるイメージが付いていたけど、実際は、元気が出るっていうより、健康になるって言ったほうがいいね。

疲労は、病気ではない

じゃぁ、逆に、にんにくは本当に元気になるのかなぁ?

答えは、「はい、元気になります。」です。

おっちゃんちは、普段、特に疲れを感じていない時、元気になるように栄養が欲しいなぁって、あんまり意識していないよね。

でも、疲れてくると、栄養ドリンクを飲んだり、サプリメントを飲んだりして、元気を出そうと考えるね。

そもそも、疲労って何?これって病気なの?

いえいえ、疲労は、病気ではありません

ただね、今までの長い長い歴史の中で研究を重ねてきても、いまだに疲労って、学問的に統一的な見解ができていないのが現状なんだって。

imagesおっちゃんちの体って、ちょっとくらい疲れたなぁって思っても、しっかり休んだり、たっぷり寝たり、元気になれそうな食事をすると、疲れってとれるよね。

これは、健康な状態なんだ。

疲労が病気の原因になることもある

でもね、疲れがちょっとずつちょっとずつ残ってしまって、体に蓄積されていくと体調が崩れたり、精神的にウツ状態に近いものになってしまったりしちゃうんだよね。

imgresそんなささいな事から、体力が弱まって、何かしらの外的要因があったりすると、本当の病気になっちゃうこともあるんだよ。

だから、疲労感を感じたら、できるだけ早く健康な状態に戻れるように、休んだりいっぱい寝たりしっかり食べたりしようね。

でも、あなたは、おっちゃんより過酷な生活を送っているかもしれないね。

imgres会社にしばられ休みたくても休めない、朝早く家を出て満員電車に揺られ、上司に気を使いながら小言を聞き、お客様にペコペコ頭を下げて、ワンコインで昼食を済ませて、家に帰ってくるのは23時。

「オレだって奥さんと楽しく会話をしたいさ。」って思っていても、そんな元気なんて残っていない、オフロに入って、ご飯を食べてバタンと倒れるように横になって、目を閉じたと思ったら、ピピピピピ・・って起こされる。

こんな生活をくり返していたら、健康な状態とは言えないよね。

でも、疲労は病気じゃないし、数値にもなかなか出てこない。

疲れを感じた時の対処法は、にんにくを食べること

こんな時は、にんにくを食べることをおすすめします。

にんにくを食べると、疲れがとれたり疲れにくい体を作ってくれるんだ。

これは、にんにくを食べることで、おっちゃんちの体の中でにんにく成分が利用、活用されるからで、これこそが、にんにくの持っている驚異なる偉大なにんにくパワーなんだ。

にんにくの有効成分が体に吸収されて各臓器に入って、さらに細胞に入りこんで代謝、そして利用されるんだ。

さらに、細胞の中にある小胞体や糸粒体にはたらきかけて、その利用をより活発にしてくれるんだよ。

その結果、より多くのタンパク質を合成させる能力を生み出してくれているんだ。

そうしてできたタンパク質は、各細胞の機能を向上させて、さらに食べ物から得たタンパク質と協調して疲労を回復してくれるんだよ。

そういうことは、研究でわかっているのに、疲労って「はい、あなたはここがつかれていますね。」とか、「あなたの疲労値は平均を超えています。」なんて言ってもらえない。

そこで、具体的に数値に表せるようにできないかと考えて、いろんな実験をした人たちがいるんだ。

にんにく成分を与えたネズミは、そうでないネズミの4倍以上長い時間泳ぐことができた

例えば、にんにくの無臭有効成分スコルジニンを発見した、にんにく博士といわれる小湊潔(こみなときよし)博士は、ネズミさんたちを強制的に泳がせる実験で、にんにく成分スコルジニンを与えたグループは、与えなかったグループよりも4倍以上長い時間泳ぐことができたって言っているんだ。

以下が、その実験結果だよ。

 

FullSizeRender「よく効くニンニクの神秘的薬効」(著者永井勝次氏)より引用

 

ネズミの実験でにんにくには、疲労予防効果があることもわかった

他にも、日本大学の斎藤洋教授(東京大学名誉教授)はネズミさんに熟成にんにく抽出液を与えてから、横揺れを起こす装置に入れて、急激に疲れさせ、30分後の疲労予防効果を測定したんだ。

直腸の体温を測定したり、傾斜板落下試験などをしてね。

そうしたら、熟成にんにく抽出液を与えなかったグループに比べて非常にハッキリとした、疲労予防効果出たっていっているよ。

で、ここまでは、ネズミさんを使った実験だったけど、おっちゃんち人間様でも、結果が出ているんだ。

人間の実験でも、にんにくを食べた人は、食べていない人と比べて、疲労回復スピードが数倍早い

実験10日前からにんにくを毎日とってもらったグループと、にんにくを一切とらないグループに別れて、1階から10階までの階段を駆けのぼってもらって、その直後に呼吸数、脈拍数、血圧を測定したんだ。

そうしたら、にんにくを一切とらなかったグループは回復までに20~30分時間がかかったのに対して、にんにくを10日前からとっていたグループは数分で、運動前の数値に戻ったんだって。

さらに、疲労の程度もにんにくをとらなかったグループは強く感じてしまったんだって。

これらの実験からも分かるように、にんにくは疲労回復のみならず、予防もできて、さらに、強壮的にも働くことができるんだね。

 

おっちゃんは、1965年生まれだけど、もっと若い人から、「おっちゃんは、いつも元気だね。」とか、「おっちゃんは、動きが機敏だね。」なんて言ってもらえるんだ。

どうやら、見た目も若いらしい。(自己希望)

あなたも、疲れたなって感じたら、さっそく今夜の食事からにんにくを使ってみて。

もちろん予防にもなるから、疲れを感じる前から食べていると、もっといいと思うよ。

プリチーワイフも最近元気になってきたから、おっちゃんも負けないようにしないとな(にっこり)。

「一晩寝ても疲れが取れない」って感じている人や、「今以上に、仕事や趣味を楽しみたい」って思っている人には、にんにくや黒にんにくがおすすめだよ。にんにくや黒にんにくには、健康に最適な栄養分や元気モリモリ成分がたくさん入っているからね。

それでも、にんにくや黒にんにくを毎日食べるのはちょっと大変かな? でも大丈夫! 毎日食べるのが大変な人には、サプリメントっていう手があるね。

で、にんにく大好きにんにくマニアのおっちゃんが、にんにくのサプリメントを実際に取り寄せて飲んでみたんだ。ちゃんと毎日飲んで、1ヶ月間続けてみて、本当に実感できたサプリメントを紹介しているよ。さらに、成分や飲みやすさ、飲んだ後の口臭もチェーーーック! ってわけさ。あなたにぴったりのにんにくが見つかるといいな。

おっちゃんのおすすめサプリメントベスト3