植え付け

さてさて、種にんにくも用意ができた、畑の準備も整った、よーし、そしたら、いよいよにんにくを植えていこう。

植え付け時期

にんにくの一般的な植える時期というのは、だいたい9月中旬から10月下旬なんだけど、じゃぁその間だったらいつでもいいのかって言うと、そうでもないんだ。

にんにくの品種によって、ちょっとずつ植える時期がズレているから、気をつけてね。

例えば、寒い地方だったら、9月中旬から10月上旬、中間地だったら9月下旬から10月下旬、暖かい地方だったら10月上旬から10月下旬ごろが適しているよ。

早過ぎると・・・、遅すぎると・・・

植え付け時期を遅らせてしまうと、根っこが充分に張ることができなくて、その結果春の生長が悪くなって、球が小さくなっちゃうんだ。

でも、いいこともあって、球の皮が厚く堅くなるから、いい状態のまま長期保存ができるようになるんだよ。

逆に、植え付け時期が早過ぎると、球は大きくなるんだけど、品質が悪くなって、球に丸みがなくて、扁平なものができやすくなっちゃうよ。

でも、遅く植えたものに比べると、乾燥しやすい球になるんだよ。

ということは、植え付け時期を間違えなければ、お互いのいいとこ取りができるってことだね。

特に寒地や寒冷地だったら、植え付けに適した期間が短くて、平均気温が15℃以上の9月下旬が適時期だよ。

この次期を逃して、植え付けが遅れちゃったら、生育が遅れて、冬を迎える前に必要なだけの葉っぱが足りなかったり、根っこがしっかり張っていなかったりするから気をつけよう。

植え付け準備

じゃぁ、実際に植えていこう。

IMG_2048まず、種にんにくをバラバラにして、健康そうなものだけを使おうね。

バラバラにする時も、雑に扱わないで、丁寧にね。

ここでキズをつけちゃったら、もったいないよ。

キズがついっちゃったものを植えると、そこからカビが生えたり、病気になったりする可能性があるから、使わないほうがいいね。

植え付け方

さぁ、いいかな、植えていくよ。

IMG_2049根っこが出る方を下にして、とがった方を上にして植えていこう。

深さはだいたい5cmくらい。

あんまり深すぎると、芽が出るのが遅れちゃうし、逆に浅すぎると、特に寒冷地だと寒害を受けちゃうから気をつけてね。

植えたら、その上に土をそっとかぶせてね。

ギューッって押さえなくていいからね。

それから、植える間隔は15cmくらいがいいね。

畑と、用意した種にんにくの量にもよるけど、少なくても10cmはあけておこう。

マルチを使うときは15cm幅のものでいいよ。

穴の真ん中に、芽が出る方をしっかり上に向けて植えようね。

横向きに植えたり、逆さまに植えたりすると、穴から芽が出なかったりすることもあるから、気をつけよう。

っていうか、そもそも、横向きや逆さ向きに植えたら、健全なにんにくが育たないから、マルチに関係なく、ちゃんと芽が出る方を上に向けて植えようね。

さぁ、できたかな。

あとは、水をやったり、雑草と戦ったりしていこう。

また楽しみが増えたね。

今後、収穫までにやっておくことをまとめてみたよ。

「一晩寝ても疲れが取れない」って感じている人や、「今以上に、仕事や趣味を楽しみたい」って思っている人には、にんにくや黒にんにくがおすすめだよ。にんにくや黒にんにくには、健康に最適な栄養分や元気モリモリ成分がたくさん入っているからね。

それでも、にんにくや黒にんにくを毎日食べるのはちょっと大変かな? でも大丈夫! 毎日食べるのが大変な人には、サプリメントっていう手があるね。

で、にんにく大好きにんにくマニアのおっちゃんが、にんにくのサプリメントを実際に取り寄せて飲んでみたんだ。ちゃんと毎日飲んで、1ヶ月間続けてみて、本当に実感できたサプリメントを紹介しているよ。さらに、成分や飲みやすさ、飲んだ後の口臭もチェーーーック! ってわけさ。あなたにぴったりのにんにくが見つかるといいな。

この記事を読んだ人は、次にこんな記事を読んでいます

おっちゃんのおすすめサプリメントベスト3