硬くなった黒にんにくを柔らかくする方法(パート1)

あなたがこのページを開いてくれたってことは、あなたも黒にんにく作りで失敗して、にんにくがカチンコチンになっちゃったのかな? じゃぁ、おっちゃんと仲間だね。

おっちゃんも作ってみたけど、カチンコチンの石みたいになっちゃって、とても食べられない状態になっちゃったから、どうしようかと考えていたんだ。

捨てるのはもったいないし、食べると言っても、すって粉にして食べるか、煮込んだら柔らかくなるのかなぁ、くらいしか思いつかなかったんだ。

固くなった原因は蒸気が漏れているから?

で、とりあえずそのまま放置して、もう一度黒にんにく作りにチャレンジしたんだけど、途中でやっぱりにんにくが硬くなり始めちゃったんだ。そこで、思ったんだ、蒸気が逃げすぎているんじゃないかってね。温度は、ある程度よしとして、湿度が足りないんじゃないかってね。

だから、ジャーの中に水を入れて、しかも蒸気が出るクチを器でふさいでみたんだ。そしたら、固くならずにできたよ、黒にんにくが。

その時思ったんだよね、失敗したカチンコチンの黒にんにくも、このやり方でひょっとしたら復活するかもってね。

ジャーに水を入れて再度保温状態に

とりあえず、ものは試しだからやってみよう。

IMG_0911まずは、ジャーの真ん中に水が入った器を入れて、その周りに硬くなった黒にんにくを置いてっと。

IMG_0912あとは、蒸気の出るクチにフタをしたら、保温のスイッチをポチッとな。

これで、また毎日観察してみよう。にんにくの固さを確かめたり、水を足したりしてようすをみていこう。なんだか、楽しみだなぁ。

1日で柔らかくなっている

「おっ!1日で柔らかくなっている。」

びっくりしたねぇ、あんなにカチンコチンだったにんにくが、たった1日で柔らかくなっちゃった。手でもちぎれるよ。

とりあえず、少し食べてみたんだけど、ちょっと苦いなぁ。もう少し、ようすを見ることにするよ、まいにち観察さ。

1週間後、それでも苦味が残る

あれから毎日ジャーのフタを開けて、にんにくをさわって確認してきたよ。2日おきに食べてもみたんだ。

固さはそんなに気にならないけど、やっぱりちょっと苦いなぁ。

にんにくの種類や状態によって結果は変わる

ってことで、ちょっと調べてみたんだけど、どうやら、使ったにんにくによるようだよ。

今回おっちゃんは、中国産のにんにくで作ってみて、固くなっちゃったけど、今度は、国産にんにくでチャレンジしてみようかな。

でもまぁ、食べられないような苦さじゃないから、とりあえずは、この黒ニンクを1日1片ずつ食べていこうっと。

7月頃店頭に並ぶにんにくがおすすめ

ところで、にんにくは1年中売っているから、いつでも収穫できると思っている人もいるかもしれないけど、そうじゃないんだよ。日本では、だいたい5~6月頃が収穫時期なんだ。そのあと、乾燥させて出荷、そしてお店に並んで、あなたやおっちゃんの手に入るって流れなんだ。

だから、時期によって水分量も違ってくるんだよ。

黒にんにくを作るときも、乾燥しすぎているものだとやっぱり固くなりやすいんだ。逆に、水分が多いにんにくだと、グチャグチャの黒にんにくになっちゃうみたい。(これは、おっちゃんは経験なしね)

で、味も食べやすかったり、今回のおっちゃんみたいに苦かったりしちゃうんだよ。

ジャーの加減でも結果はさまざま

だから、黒にんにくを作るときは、にんにくやジャーの加減ででき上がりが変わってくるってことを承知していてね。失敗を少なくするには、こまめにチェックすることが大切だね。

何でもまずはチャレンジさ、考えるよりも、先にやったもん勝ちだね。あなたもチャレンジしてみて。

さぁ、今度はうまくできるかな? それでももし、自分が思うような黒にんにくができなかったら、黒にんにくを作るんじゃなくて、買うっていうのもありだね

その道のプロが、研究に研究を重ねて黒にんにくを作っているよ。実際におっちゃんも取り寄せて食べてみたけど、やっぱり柔らかさもちょうどいいし、味も甘みを感じられたね。

で、黒にんにくを作って販売しているメーカーさんに電話で聞いてみたんだけど、「家庭で作る黒にんにくとは成分量が違う」っていってた。つまり、一般の家庭で作る黒にんにくより、期待できる作用や効果が多いってことだね。

自分で作るのももちろんいいけど、プロが作る黒にんにくも試しに食べてみるのもいいんじゃないかな。とりあえず、おっちゃんが取り寄せて食べてみた黒にんにくを紹介しておくね。

岡崎屋さんの「純黒にんにく」を実際に食べて検証

おっちゃんのおすすめサプリメント