硬くなった黒にんにくを柔らかくする方法(パート2)

「あ~ぁ、黒にんにくを作ったはいいけど、硬くなっちゃって食べられないなぁ」そう考えながら、両手で髪をかき上げ指先でボリボリ頭をかいている人はいませんか?

「ハハハ、それはおっちゃんでした~」

でもね、頭をボリボリかいていたら、いいアイデアが浮かんじゃったんだ。もしかしたら、これならいけるかもしれない。

硬い黒にんにくを柔らかくする方法

それはね、今まで生のにんにくをハチミツに漬けたり、酢に漬けたりしてきたけど、硬くなった黒にんにくを漬けたらどうだろう、って思っちゃったんだ。

なんだか希望がわいてきたよ、とにかくやってみるね。

やり方は簡単

まずは、硬くなった黒にんにくの皮をむくことから始めたよ。

IMG_1031中には、少しは柔かいものもあったけど、全部一緒にしちゃった。

まずは、出刃包丁で根が出る方を切り落としたよ。

あとは、きれいなビンを2つ用意して、それぞれに半分ずつ黒にんにくを入れて、1つにはハチミツもう1つには酢を入れたんだ。

IMG_1033IMG_1032
これで、2週間待ってみよう。

2週間後、はちみつ漬けは変化なし

さて、どうかな。

ハチミツ漬けの方はというと

IMG_1165「あれ?全然沈んでいないなぁ」

ちょっと食べてみるか。

「あ~、ダメだ、硬くてかめないや」

はちみつ漬けはうまくいかなかったなぁ。

でも、もう少しだけ待ってみるか。

酢漬けはなんだか良さそう

じゃぁ、もう1つの酢漬けの方はどうかな。

IMG_1168「お~!なんかいい感じ。」

お酢も黒くなっているし、黒にんにくも柔らかくなっている。匂いをかぐと、ちょっと鼻にくるけど、食べるとおいしいぞ。もちろん、美味しいって言ってもケーキみたいな味はしないよ。酢漬けの味さ。

漬けた酢も栄養たっぷりな感じだなぁ。これは、いいぞ。黒にんにくも食べられるし、酢も飲める、しかも、両方栄養たっぷりだ。

4週間後、酢漬けはおいしく食べられる

おっちゃんは、酢漬けの黒にんにくを毎日1片ずつ食べているよ。漬けていた酢も、毎日スプーン1杯ずつ水で薄めて飲んでいる。

調子かい? 調子はいいさぁ、黒にんにくと酢だもんね。本当にいいものに巡り会えた気分だよ。

ぜひ、あなたにもやってもらいたいね。本当におすすめだよ。

結局、はちみつ漬けはあきらめました(涙)

「えっ?ハチミツ漬け?」

あれは変化ないねぇ、もうちょっと待って、それでも変化がなかったら、ハチミツから取り出して、酢に漬けちゃうよ。その方が確実だし、早いし、気分がいいもん。

うちじゃぁ、おっとうも、おっかぁも食べているよ、もちろん、プリチーワイフもね。

もし、自分が思うような黒にんにくができなかったら、黒にんにくを作るんじゃなくて、買うっていうのもありだね

その道のプロが、研究に研究を重ねて黒にんにくを作っているよ。実際におっちゃんも取り寄せて食べてみたけど、やっぱり柔らかさもちょうどいいし、味も甘みを感じられたね。

で、黒にんにくを作って販売しているメーカーさんに電話で聞いてみたんだけど、「家庭で作る黒にんにくとは成分量が違う」っていってた。つまり、一般の家庭で作る黒にんにくより、期待できる作用や効果が多いってことだね。

自分で作るのももちろんいいけど、プロが作る黒にんにくも試しに食べてみるのもいいんじゃないかな。とりあえず、おっちゃんが取り寄せて食べてみた黒にんにくを紹介しておくね。

岡崎屋さんの「純黒にんにく」を実際に食べて検証

おっちゃんのおすすめサプリメント